夏期講習の中学受験生の算数の学習法、早稲田アカデミーや日能研をどう使うか

夏期講習の中学受験生の算数の学習法、早稲田アカデミーや日能研をどう使うかの記事になります。


中学受験の算数は特殊な科目になりますので他教科とは別にしました。


知ってのとおり算数は子供に参考書を渡して自習で頑張りなさいではまったく歯が立たない教科になり学校で習う要綱からはるかに難易度の増した問題が出題されますので学校で満点を連発していても中学受験の算数とは別と考えてください。


基本的には中学受験の国語と算数は3年かかるというレベルなので新4年生からスタートするものです。

超難関校でない限り5年生からでも1年分を取り返す子供は多いですが相当優秀で頭の回転や吸収力があり本人にある程度のやる気があるのが共通しています。


もしそのような優秀な子供が4年の最初から中学受験の勉強を始めていたらもっと難関校まで合格できる可能性もあったということでもありますので、5年生からスタートすれば充分と親は判断はしないほうが得です。


受験勉強は総学習時間数が多いほど有利なのは当然のことです。


さて算数の話に戻りますが原則中学受験の算数を自分自身が経験していないと教えることが出来ない科目になります、理由は中学に入ってもそのジャンルの勉強はしないからです。なので経験者を探すことが難しいのでまずは早稲田アカデミーや日能研などで授業を受けることになります。

街の補修系の学習塾の夏期講習は中学受験を考えているなら通う価値はないです。


ここからが問題ですが子供の能力で1度の授業で理解し吸収できるレベルではありません。なので中学受験専門塾に通いその再勉強と復習を経験者の家庭教師に見てもらうしかほぼ解決法がありません。中学受験専門塾は合格するかだけでなく営業も大事なので家庭教師は不要なので自社の授業の授業数を増やせば大丈夫という話も多く聞きますが集団プラス個別の追加でなく集団を増やすだけでは授業が1方通行の構造上効率が悪いです。


算数はたくさんの問題のパターンを習得するには短い時間では不可能に近いので早い段階からじっくりやるのが得策になります。

なので夏休みの間のまとまった時間に集中して算数をやることは最重要の一つだといえます。

理科社会のような暗記ではないので夏の間に正しく理解しそのパターンの問題を繰り返し習得さえすれば冬の受験直前では確認程度の復習で済むので夏休み中にやるメリットが大きくなります。


算数はいい授業といい家庭教師にフォローして長い時間を掛けていけば確実にあがっていく教科で思い返すのが難しくないのでいい環境において自力をつけることが大事です。


中学受験の算数の家庭教師は人数も少なく熱意のある先生との出会いは合否を分ける大きな差になります。


早い段階から算数は別と認識していい先生を探してください。


テレビなどで夏だけでやれば大幅成績アップなどど過剰にCMをする家庭教師センターもありますが全く信用できないです。

短期で、すぐ逆転できる。楽々伸びるなどと言う方が信用できません。

その手の家庭教師センターは営利目的で苦しい状況を簡単になんとかなると思わせて高額の授業料を貰うのが目的だとしか思えません。


大人の皆さんならわかると思いますが簡単にダイエットや英会話を習得できるとか言われてもウソだと思うでしょうがその手の商材は手を変え品を変えでてきますがそれと同じ類だと認識してください。ネットで悪評がたっているところの社風はそういうのが原因です。


中学受験では授業料などまとまった費用が必要になりますが本気で合格させたいならどこにお願いするか、どの個別の先生にお願いするかを見定めてください。

あとは先手必勝だということは忘れないでください。


実のあるいい夏休みになるようたくさん勉強しある程度遊んでいい思い出のできる小学生の夏にしてください。




63efb486b69674b0ca39c03d02b7d89c_s.jpg